自損事故でもちゃんと治療できます。


自損事故・自爆事故でも自分の治療は無料でできます

【条件】

⚫任意保険の中『人身傷害保険』を付けてる方

 

【注意事項】

⚫任意保険に入ってない人は無料で治療はできません。

⚫自賠責保険は関係ありません。自賠責保険は相手の為の保険です。

⚫希望により、自由診療での治療も可能です。

 


[更新日時] 2017年9月1日 ★ category : ★ author : お客さまの記事 (6988)

自損事故でもちゃんと治療できます。


自損事故・自爆事故でも自分の治療は無料でできます

【条件】

⚫任意保険の中『人身傷害保険』を付けてる方

 

【注意事項】

⚫任意保険に入ってない人は無料で治療はできません。

⚫自賠責保険は関係ありません。自賠責保険は相手の為の保険です。

⚫希望により、自由診療での治療も可能です。

 


[更新日時] ★ category : ★ author : お客さまの記事 (6988)

自損事故でもちゃんと治療できます。


自損事故・自爆事故でも自分の治療は無料でできます

【条件】

⚫任意保険の中『人身傷害保険』を付けてる方

 

【注意事項】

⚫任意保険に入ってない人は無料で治療はできません。

⚫自賠責保険は関係ありません。自賠責保険は相手の為の保険です。

⚫希望により、自由診療での治療も可能です。

 


[更新日時] ★ category : ★ author : お客さまの記事 (6988)

物損事故でも被害者の慰謝料は出る??


基本的な考え方だと物損事故では基本的に慰謝料は出ません。が・・・・・

通常人身事故ではなく物損事故では物の修理に留まります。

文字通り『物損事故』なので、本来被害者側は怪我をしていないという事になります。

なので、もちろん被害者側の怪我の保証はありませんし、精神的苦痛に対する慰謝料なんてのも、本来であれば無いというのが、『物損事故』なのです。

 

最近の傾向では

が、昨今、相手側保険会社から、『治療費も慰謝料も出すので、物損事故にして下さい』といった懇願があるというお話を患者様から度々耳にします。

そうです。本来出ないんですが、結局出るんです。

では被害者にとって人身事故にするか物損事故にするかの違いってあるの?という話になりますが、治療費も含め慰謝料等諸々がちゃんと請求できるということは、もうほぼ人身事故と変わらない保障が受けられる、という事です。

 

加害者にとって

加害者にとっては人身事故にするのと、物損事故にするのでは、罰則の関係で雲泥の差があります。

人によっては免停。人によっては免許取り消しにだって成り得ます。

罰金もありますでしょうし。

それならばそりゃあ物損事故にしてもらった方が良いに決まってます。

 

被害者にとって

被害者にとっては加害者に対して罰則を与えて欲しいという想いがあればもちろん人身事故にするべきですが、そんなのどうだっていいという方に関しては人身だろうが物損だろうが、自身の補償さえしてもらえるなら結構どうでもいいような気もします。

 

保険会社にとって

これはどうなんでしょうね。

予測の域を超えないので、後日識者の確認してみようと思う項目ですので、お楽しみに。

 

☆要確認事項☆

自身が大なり小なり怪我をしてるのに物損事故にしてくれと頼まれたからといって物損事故にする場合はこれだけは確認しといて下さい。

⚫慰謝料が出るか?

⚫自賠責保険を適用して補償を受けられるか?

⚫治療費・慰謝料だけではなく、休業損害や、交通費等も出るか?

 

このネタに関しては勉強中ですので、引き続きなにかありましたら書かせて頂きます。


[更新日時] 2017年8月8日 ★ category : ★ author : お客さまの記事 (6988)

物損事故でも被害者の慰謝料は出る??


基本的な考え方だと物損事故では基本的に慰謝料は出ません。が・・・・・

通常人身事故ではなく物損事故では物の修理に留まります。

文字通り『物損事故』なので、本来被害者側は怪我をしていないという事になります。

なので、もちろん被害者側の怪我の保証はありませんし、精神的苦痛に対する慰謝料なんてのも、本来であれば無いというのが、『物損事故』なのです。

 

最近の傾向では

が、昨今、相手側保険会社から、『治療費も慰謝料も出すので、物損事故にして下さい』といった懇願があるというお話を患者様から度々耳にします。

そうです。本来出ないんですが、結局出るんです。

では被害者にとって人身事故にするか物損事故にするかの違いってあるの?という話になりますが、治療費も含め慰謝料等諸々がちゃんと請求できるということは、もうほぼ人身事故と変わらない保障が受けられる、という事です。

 

加害者にとって

加害者にとっては人身事故にするのと、物損事故にするのでは、罰則の関係で雲泥の差があります。

人によっては免停。人によっては免許取り消しにだって成り得ます。

罰金もありますでしょうし。

それならばそりゃあ物損事故にしてもらった方が良いに決まってます。

 

被害者にとって

被害者にとっては加害者に対して罰則を与えて欲しいという想いがあればもちろん人身事故にするべきですが、そんなのどうだっていいという方に関しては人身だろうが物損だろうが、自身の補償さえしてもらえるなら結構どうでもいいような気もします。

 

保険会社にとって

これはどうなんでしょうね。

予測の域を超えないので、後日識者の確認してみようと思う項目ですので、お楽しみに。

 

☆要確認事項☆

自身が大なり小なり怪我をしてるのに物損事故にしてくれと頼まれたからといって物損事故にする場合はこれだけは確認しといて下さい。

⚫慰謝料が出るか?

⚫自賠責保険を適用して補償を受けられるか?

⚫治療費・慰謝料だけではなく、休業損害や、交通費等も出るか?

 

このネタに関しては勉強中ですので、引き続きなにかありましたら書かせて頂きます。


[更新日時] ★ category : ★ author : お客さまの記事 (6988)

物損事故でも被害者の慰謝料は出る??


基本的な考え方だと物損事故では基本的に慰謝料は出ません。が・・・・・

通常人身事故ではなく物損事故では物の修理に留まります。

文字通り『物損事故』なので、本来被害者側は怪我をしていないという事になります。

なので、もちろん被害者側の怪我の保証はありませんし、精神的苦痛に対する慰謝料なんてのも、本来であれば無いというのが、『物損事故』なのです。

 

最近の傾向では

が、昨今、相手側保険会社から、『治療費も慰謝料も出すので、物損事故にして下さい』といった懇願があるというお話を患者様から度々耳にします。

そうです。本来出ないんですが、結局出るんです。

では被害者にとって人身事故にするか物損事故にするかの違いってあるの?という話になりますが、治療費も含め慰謝料等諸々がちゃんと請求できるということは、もうほぼ人身事故と変わらない保障が受けられる、という事です。

 

加害者にとって

加害者にとっては人身事故にするのと、物損事故にするのでは、罰則の関係で雲泥の差があります。

人によっては免停。人によっては免許取り消しにだって成り得ます。

罰金もありますでしょうし。

それならばそりゃあ物損事故にしてもらった方が良いに決まってます。

 

被害者にとって

被害者にとっては加害者に対して罰則を与えて欲しいという想いがあればもちろん人身事故にするべきですが、そんなのどうだっていいという方に関しては人身だろうが物損だろうが、自身の補償さえしてもらえるなら結構どうでもいいような気もします。

 

保険会社にとって

これはどうなんでしょうね。

予測の域を超えないので、後日識者の確認してみようと思う項目ですので、お楽しみに。

 

☆要確認事項☆

自身が大なり小なり怪我をしてるのに物損事故にしてくれと頼まれたからといって物損事故にする場合はこれだけは確認しといて下さい。

⚫慰謝料が出るか?

⚫自賠責保険を適用して補償を受けられるか?

⚫治療費・慰謝料だけではなく、休業損害や、交通費等も出るか?

 

このネタに関しては勉強中ですので、引き続きなにかありましたら書かせて頂きます。


[更新日時] ★ category : ★ author : お客さまの記事 (6988)

治療する場所は誰であろうと他人が決められるものではありません


交通事故の治療をするにあたって、保険会社の担当者や、整形外科の医師から、あーだこーだ言われるパターンが未だにある現実ですが、基本的に交通事故の治療に関しての選択肢は患者様にあるというのが絶対です。

どこで治療をするのか決めるのは患者様です。

色々と患者様からお話を聞く機会が多いですが、中々気持ちが良くなるお話はありません。

悲しい現実です。

うちはうちの治療に自信を持ってます。が、良い治療があって良いサービスがあって、患者様が笑顔になる事ができれば、うちでなくてもどこで治療してもいいと思ってます。

ただそうともいかないのが現実です。

大した治療もせず態度も対して良くないとか。

電気しかしないとか、大した話とかは少なく、うちの患者様からお話を聞く限り『えぇ!?そんだけ!?』っていう印象を持つことも多いです。

「整骨院で治療してもうちでは責任とか取れないから」とか言うDr.もいるとかいないとか。

いや、別にそっちに責任とかいかないからって話です。

と、愚痴っぽくなってしまいましたが、要は誰になんと言われようと、治療する場所を決めるのは患者様次第。

行った所が気に入らなければ、1日行ってそれっきりでもいいです。

良い所で治療すべきなので、自分が良くないと思えばスッパリ切るべきだというオハナシでした。


[更新日時] 2017年7月28日 ★ category : ★ author : お客さまの記事 (6988)

治療する場所は誰であろうと他人が決められるものではありません


交通事故の治療をするにあたって、保険会社の担当者や、整形外科の医師から、あーだこーだ言われるパターンが未だにある現実ですが、基本的に交通事故の治療に関しての選択肢は患者様にあるというのが絶対です。

どこで治療をするのか決めるのは患者様です。

色々と患者様からお話を聞く機会が多いですが、中々気持ちが良くなるお話はありません。

悲しい現実です。

うちはうちの治療に自信を持ってます。が、良い治療があって良いサービスがあって、患者様が笑顔になる事ができれば、うちでなくてもどこで治療してもいいと思ってます。

ただそうともいかないのが現実です。

大した治療もせず態度も対して良くないとか。

電気しかしないとか、大した話とかは少なく、うちの患者様からお話を聞く限り『えぇ!?そんだけ!?』っていう印象を持つことも多いです。

「整骨院で治療してもうちでは責任とか取れないから」とか言うDr.もいるとかいないとか。

いや、別にそっちに責任とかいかないからって話です。

と、愚痴っぽくなってしまいましたが、要は誰になんと言われようと、治療する場所を決めるのは患者様次第。

行った所が気に入らなければ、1日行ってそれっきりでもいいです。

良い所で治療すべきなので、自分が良くないと思えばスッパリ切るべきだというオハナシでした。


[更新日時] ★ category : ★ author : お客さまの記事 (6988)

治療する場所は誰であろうと他人が決められるものではありません


交通事故の治療をするにあたって、保険会社の担当者や、整形外科の医師から、あーだこーだ言われるパターンが未だにある現実ですが、基本的に交通事故の治療に関しての選択肢は患者様にあるというのが絶対です。

どこで治療をするのか決めるのは患者様です。

色々と患者様からお話を聞く機会が多いですが、中々気持ちが良くなるお話はありません。

悲しい現実です。

うちはうちの治療に自信を持ってます。が、良い治療があって良いサービスがあって、患者様が笑顔になる事ができれば、うちでなくてもどこで治療してもいいと思ってます。

ただそうともいかないのが現実です。

大した治療もせず態度も対して良くないとか。

電気しかしないとか、大した話とかは少なく、うちの患者様からお話を聞く限り『えぇ!?そんだけ!?』っていう印象を持つことも多いです。

「整骨院で治療してもうちでは責任とか取れないから」とか言うDr.もいるとかいないとか。

いや、別にそっちに責任とかいかないからって話です。

と、愚痴っぽくなってしまいましたが、要は誰になんと言われようと、治療する場所を決めるのは患者様次第。

行った所が気に入らなければ、1日行ってそれっきりでもいいです。

良い所で治療すべきなので、自分が良くないと思えばスッパリ切るべきだというオハナシでした。


[更新日時] ★ category : ★ author : お客さまの記事 (6988)

交通事故後の治療はどこですべき?整形外科の意味。


まぁうちで治療するのが一番なんですけどね。

とりあえずまずは整形外科です。

特に交通事故の場合は、色んな意味も含めてまずは整形外科での診断が必要です。

では整形外科に行く意味とは?

 

整形外科の意味

具体的に整形外科で何をするかというと、検査が主体だと思って下さい。

万が一のケースを除外するための検査。

その最たるものは【癌】や【骨壊死】。そして【骨折】。等々。

まず診察して検査して特に異常が見受けられなかった場合は治療となりますが、特に治療と言っても大した事はしません。

リハビリと銘打って電気とかしてもなんの意味ありませんからね。

あくまで重大な事があるか否かの確認の為の検査です。

 

整形外科のもう一つの意味

【診断】です。

私達柔道整復師や鍼灸師は【診断】ができません。

医師だけができるお仕事となります。

砕いて言うと、私達施術者が『こうですよ』といったところで効能がありません。

なんの効能かというと、保険会社を納得させるという効能です。

なので、交通事故の治療をすることに関して、私達が『ココとココとココ(3ヶ所)が悪いから治療します』と保険会社に言っても、『ココ(1ヶ所)の治療費しか出しません』『だって悪いっていう証拠が無いでしょ』っという事になってしまうこともあります。

 

定期的に整形外科での検査は必要

交通事故での怪我は衝撃量が大きく、身体の状態がめまぐるしく変化し易くなってます。

したがって定期的に状態を把握するためにも、定期的に医師の診察は受けておいたほうが無難でしょう。

保険会社的にも定期的な診察を推奨するところがほとんどです。

交通事故による怪我というものは普段の生活の中ではまず起こり得ない程の衝撃量が加わるため、予測し難い事も起こり得ます。

なにはともあれ、交通事故による怪我の場合はとりあえず1ヶ月に1回ぐらいは整形外科の受診をお勧めしております。

 

整骨院で治療する意味

他の整骨院がどのような治療をしているのかはあまり存じませんが、一番の強みは手技による治療です。

ちゃんと痛み(症状)の原因を定め、的確にアプローチする。

交通事故に関わらず一人一人身体の状態は違います。なので、画一的な電気治療等はなんの意味も無いと考えております。

それぞれに合った治療法という面では、手技に勝るものはありません。

もちろんどこにアプローチするかという判断の眼が必要不可欠ですが、当院では、判別・判断・治療・アドバイスまで、圧倒的な自信を持ってやっておりますので、安心してお任せ下さい。


[更新日時] 2017年6月27日 ★ category : ★ author : お客さまの記事 (6988)







運用状況

管理保守・改善業務 管理数
Webサーバ(BSD)管理 9
メールサーバ運用管理 35
ホームページ運用管理 51
PC環境保守管理 10
売上改善P管理 6

公式LINEページ

IT戦略の相談等、LINEを使ってお問合せすることができます。 また、重要な更新などのセキュリティ情報の発信を公式LINEページは予定しております。 ※どなたが登録しているか弊社にはわかりません

● スマフォからの方へ
友だち追加

● PCからの方へ


※推奨ブラウザ:Safari(M), GoogleChrome(W), InternetExplorer(W) 詳しくは推奨ブラウザのページをご確認ください

Copyright(C) 2009- LOKI DATA. All rights reserved.