加害者でも保険での治療はできます。


加害者になっちゃった!

もしあなたが交通事故の加害者になってしまったとします。

停止している車に突っ込んだ等の、10:0の完全加害者になってしまった場合は自分の怪我は自分の任意保険内の自身の怪我の治療の保険で行わねばなりません。

もしその保険を付けていないのであれば、残念ながら治療自体は普通の健康保険証を使って普通に窓口料金を負担して受けるしかありません。

ですが、もし9:1や8:2の相手側に極僅かにしろ過失割合がある場合は自賠責保険を使って整骨院の治療はできます。

自分が9割悪い加害者であっても実は1割の被害者でもあるのです。

もちろん9割の被害者と全く同じ保証が受けれることはございませんが、ある程度の保証がされるのが自賠責保険です。

 

加害者でもちゃんと治療できる

さて、いざ治療を始めるとします。

9割の加害者であるが1割の被害者でもあるアナタが相手方の保険会社に『治療をしたい』という旨を伝えるとほぼ100%健康保険を使っての治療でお願いします、という流れになります。

ここ大事なのですが、健康保険を使っての治療というのはなんでもかんでも症状を治療することはできず、我々整骨院側にとっては数々の制限があります。

治療内容の制限があるということですが、それでは早く治るものを治らなくなるといったことになりかねません。

アナタが『いやいや加害者なんだしそらしょうがない』と思えばその方法で治療するのもいいでしょう。

ですが、実際は保険外の治療、つまり治療内容の制限が無い質の高い治療もお受けできるということも知っておいて頂きたいのです。

 

手続きの方法は?

被害者請求、または加害者請求といいます。

どちらも同じようなもんだと思っていいと思います。

通常は交通事故の治療というのは相手側の自動車保険会社に治療費や慰謝料を請求し、自動車保険会社が自賠責保険に請求するのですが、被害者請求・加害者請求に関しては自身で自賠責保険に請求します。

文字に起こすと簡単なことですが、色々と用意しないといけない書類も多く、相手側とも多少やりとりをしないといけません。

詳しくは【被害者請求】で検索すればたくさん出てくると思います。

正直結構面倒くさく、色々用意するのはいいとしても事故の相手側とやりとりをすることなんてストレス以外のなにものでもないですからね。

 

手続きを委託するというやり方

そこで当院では行政書士の先生を紹介しております。

交通事故の自賠責関連に関してはだいぶ経験豊富な先生なので丸投げOKです。

相手側とのやり取りも任せておけば安心です。

『自分でやってみます!』という方に関してはもちろん自分でもできますので、最大限サポートさせて頂きます。


[更新日時] 2020年1月30日 ★ category : ★ author : お客さまの記事 (8022)

整形外科との併用のススメ


昨今保険会社自体もだいぶ基準が厳密になってきており、我々だけの「治療が必要だという見解」だけでは保険会社を説得できない環境になっているように感じます。

どういうことかと申しますと、病院での診察を定期的に受けないと、経過の信憑性がわからないので、治療継続の必要性がわからない。

わからないから治療は打ち切り。

といった具合です。

国家資格を有する我々からすればいやいやそれおかしいというか極端ですよといった話です。

本来ならば患者様の訴えが全てなのですが、無駄に長く治療して慰謝料を多くもらおうとする方々が過去多かったのかも知れません。

徐々に保険会社も適正化といえば適正化ですが、厳密に基準を定めそれに準じて治療期間等を目安にしているようです。

っということで当院では基本的に整形外科との併用での受診をオススメしております。

整形外科によっては『整骨院に行くならウチには来ないでね』と仰るところもありますが、そのような整形外科に関しては転院をオススメしております。

どうしても行きたくない!という方に関しては色々アドバイスさせて頂きますので、ご相談下さい。

交通事故による怪我でお困りの方の力に少しでもなれれば光栄です。


[更新日時] 2019年12月6日 ★ category : ★ author : お客さまの記事 (8022)

整形外科で『整骨院は行っちゃダメ』と言われた方へ


そう、それ、嘘です。

交通事故に遭遇し、とりあえず最初に行った病院で『整骨院には絶対行ったらダメだからね』と言われることが、ここ諫早市では割と多くあります。

結論から言うと、行けます。

行っていいんです。

どうやら『そう決まってるんだからね』と言われたことのある方もいるようですが、決まってません。

もし決まっているとしても効力は全く無いところでの決まりと言えます。

なぜそんなことを言われるのか?

これは個人的に感じることですが、ドクターの嗜好だと思います。

そのドクターが個人的に整骨院全体そのものにどういう想いを持っているか。

ではないでしょうか。

正直整形外科のドクターの中には整骨院そのものを良く思ってない方というのは悲しいことにたくさんいらっしゃいます。

中には「整骨院はゴリゴリモミモミ」、または「バキバキ」されるところと未だに思っている先生もいるかも知れません。

なので「整骨院なんかだと何されるかわかったもんじゃない」と思われてる先生もいるでしょう。

ですが、頑なに一律に整骨院全てを忌み嫌うということは愚かとしか思えません。

保険会社側からしたら

明らかに軽微な事故で誰がどう見ても「いやそれ全くたいしたことあるわけないやろ」という事故であれば、保険会社側も「当該事故では整骨院での治療は認められません」といった主張もあるかも知れません。(滅多にありませんが。)

基本的に結局最終的な治療費なり慰謝料なりお金を出すのは保険会社となりますので(一定までは自賠責保険から)、保険会社側の主張は割と立場的に強いです。

そして保険会社側からすると、ドクターの診断というのは今後治療が必要かどうかの判断材料としての効力は大きく、ドクターの診断が無ければ治療は続けられませんといったスタンスが最近では増えてきています。

なので、保険会社側からしても整骨院に通院するにしても整形外科との通院の併用を推奨されます。

なんにせよ、整骨院に通うとしても保険会社の担当者とよく話し合うことは重要になるので無視しないことです。

病院は途中で変えていいの?

セカンドオピニオンという言葉もある通り、病院を変更することは可能です。

ただし、診断書の問題が出てくるので事故してからやはり10日以内が無難でしょう。

事故後10日以降としては、新しく受診した病院でもその変更理由によっては割と嫌がられたりするかも知れません。

が、考えてもみて下さい。もし止むを得ず引越しをした場合、引っ越すからといってその治療が打ち切られることは100%あり得ません。

要するに、病院を変更することは事故後10日経とうが経ってまいが、制度的には可能なことなのです。

あとは保険会社の了承が必要不可欠になるので、保険会社の担当者との話し合い次第ということになるでしょう。

しかしやはり事故との因果関係やうやむやになるという話になってしまうので、なんにせよ早い方がベターです。

要するに我々整骨院や病院の医師であっても「あそこはダメ」とか「あそこに行って」等はなんの効力も無く、全ては患者様の選択次第ということになります。

※例外的に保険会社側から名指しで『この整骨院への通院は認めません。』といったパターンもありますが、それは過去その整骨院がなにかしら問題をやらかしてしまった、と捉えていいと思います。例えば不正請求等の理由で保険会社側から取引停止を受けた整骨院とか。諫早市でも数件聞きますよ。

わけわからない方はとりあえずご相談下さい

交通事故の取引と言うか手続きというかそれにまつわる一通りのことは、バリエーションが非常に様々なので、ケースバイケースでの対応となってしまいます。

基本を色々知っておけば多少のイレギュラーにも対応できるでしょうが、今までゆかりが無かった方はもちろん1、2回交通事故に合ったことがある方でさえもわけわからなくなることがあります。

そんな時こそ我々のようなちょっと詳しい人に聞いて下さい。

相談だけは無料です。

交通事故の方は治療自体も無料ですが。

お電話に関してはこちらからかけ直すカタチになると思いますが、当HPか整骨院えんHPからの無料相談メールとか、整骨院えんのLINEでも相談承っております。

割と長文でお返しするので覚悟してメッセージお送り下さい笑


[更新日時] 2019年9月24日 ★ category : ★ author : お客さまの記事 (8022)

自損事故でもちゃんと治療できます。


自損事故・自爆事故でも自分の治療は無料でできます

【条件】

⚫任意保険の中『人身傷害保険』を付けてる方

 

【注意事項】

⚫任意保険に入ってない人は無料で治療はできません。

⚫自賠責保険は関係ありません。自賠責保険は相手の為の保険です。

⚫希望により、自由診療での治療も可能です。

 


[更新日時] 2017年9月1日 ★ category : ★ author : お客さまの記事 (8022)

自損事故でもちゃんと治療できます。


自損事故・自爆事故でも自分の治療は無料でできます

【条件】

⚫任意保険の中『人身傷害保険』を付けてる方

 

【注意事項】

⚫任意保険に入ってない人は無料で治療はできません。

⚫自賠責保険は関係ありません。自賠責保険は相手の為の保険です。

⚫希望により、自由診療での治療も可能です。

 


[更新日時] ★ category : ★ author : お客さまの記事 (8022)

自損事故でもちゃんと治療できます。


自損事故・自爆事故でも自分の治療は無料でできます

【条件】

⚫任意保険の中『人身傷害保険』を付けてる方

 

【注意事項】

⚫任意保険に入ってない人は無料で治療はできません。

⚫自賠責保険は関係ありません。自賠責保険は相手の為の保険です。

⚫希望により、自由診療での治療も可能です。

 


[更新日時] ★ category : ★ author : お客さまの記事 (8022)

物損事故でも被害者の慰謝料は出る??


基本的な考え方だと物損事故では基本的に慰謝料は出ません。が・・・・・

通常人身事故ではなく物損事故では物の修理に留まります。

文字通り『物損事故』なので、本来被害者側は怪我をしていないという事になります。

なので、もちろん被害者側の怪我の保証はありませんし、精神的苦痛に対する慰謝料なんてのも、本来であれば無いというのが、『物損事故』なのです。

 

最近の傾向では

が、昨今、相手側保険会社から、『治療費も慰謝料も出すので、物損事故にして下さい』といった懇願があるというお話を患者様から度々耳にします。

そうです。本来出ないんですが、結局出るんです。

では被害者にとって人身事故にするか物損事故にするかの違いってあるの?という話になりますが、治療費も含め慰謝料等諸々がちゃんと請求できるということは、もうほぼ人身事故と変わらない保障が受けられる、という事です。

 

加害者にとって

加害者にとっては人身事故にするのと、物損事故にするのでは、罰則の関係で雲泥の差があります。

人によっては免停。人によっては免許取り消しにだって成り得ます。

罰金もありますでしょうし。

それならばそりゃあ物損事故にしてもらった方が良いに決まってます。

 

被害者にとって

被害者にとっては加害者に対して罰則を与えて欲しいという想いがあればもちろん人身事故にするべきですが、そんなのどうだっていいという方に関しては人身だろうが物損だろうが、自身の補償さえしてもらえるなら結構どうでもいいような気もします。

 

保険会社にとって

これはどうなんでしょうね。

予測の域を超えないので、後日識者の確認してみようと思う項目ですので、お楽しみに。

 

☆要確認事項☆

自身が大なり小なり怪我をしてるのに物損事故にしてくれと頼まれたからといって物損事故にする場合はこれだけは確認しといて下さい。

⚫慰謝料が出るか?

⚫自賠責保険を適用して補償を受けられるか?

⚫治療費・慰謝料だけではなく、休業損害や、交通費等も出るか?

 

このネタに関しては勉強中ですので、引き続きなにかありましたら書かせて頂きます。


[更新日時] 2017年8月8日 ★ category : ★ author : お客さまの記事 (8022)

物損事故でも被害者の慰謝料は出る??


基本的な考え方だと物損事故では基本的に慰謝料は出ません。が・・・・・

通常人身事故ではなく物損事故では物の修理に留まります。

文字通り『物損事故』なので、本来被害者側は怪我をしていないという事になります。

なので、もちろん被害者側の怪我の保証はありませんし、精神的苦痛に対する慰謝料なんてのも、本来であれば無いというのが、『物損事故』なのです。

 

最近の傾向では

が、昨今、相手側保険会社から、『治療費も慰謝料も出すので、物損事故にして下さい』といった懇願があるというお話を患者様から度々耳にします。

そうです。本来出ないんですが、結局出るんです。

では被害者にとって人身事故にするか物損事故にするかの違いってあるの?という話になりますが、治療費も含め慰謝料等諸々がちゃんと請求できるということは、もうほぼ人身事故と変わらない保障が受けられる、という事です。

 

加害者にとって

加害者にとっては人身事故にするのと、物損事故にするのでは、罰則の関係で雲泥の差があります。

人によっては免停。人によっては免許取り消しにだって成り得ます。

罰金もありますでしょうし。

それならばそりゃあ物損事故にしてもらった方が良いに決まってます。

 

被害者にとって

被害者にとっては加害者に対して罰則を与えて欲しいという想いがあればもちろん人身事故にするべきですが、そんなのどうだっていいという方に関しては人身だろうが物損だろうが、自身の補償さえしてもらえるなら結構どうでもいいような気もします。

 

保険会社にとって

これはどうなんでしょうね。

予測の域を超えないので、後日識者の確認してみようと思う項目ですので、お楽しみに。

 

☆要確認事項☆

自身が大なり小なり怪我をしてるのに物損事故にしてくれと頼まれたからといって物損事故にする場合はこれだけは確認しといて下さい。

⚫慰謝料が出るか?

⚫自賠責保険を適用して補償を受けられるか?

⚫治療費・慰謝料だけではなく、休業損害や、交通費等も出るか?

 

このネタに関しては勉強中ですので、引き続きなにかありましたら書かせて頂きます。


[更新日時] ★ category : ★ author : お客さまの記事 (8022)

物損事故でも被害者の慰謝料は出る??


基本的な考え方だと物損事故では基本的に慰謝料は出ません。が・・・・・

通常人身事故ではなく物損事故では物の修理に留まります。

文字通り『物損事故』なので、本来被害者側は怪我をしていないという事になります。

なので、もちろん被害者側の怪我の保証はありませんし、精神的苦痛に対する慰謝料なんてのも、本来であれば無いというのが、『物損事故』なのです。

 

最近の傾向では

が、昨今、相手側保険会社から、『治療費も慰謝料も出すので、物損事故にして下さい』といった懇願があるというお話を患者様から度々耳にします。

そうです。本来出ないんですが、結局出るんです。

では被害者にとって人身事故にするか物損事故にするかの違いってあるの?という話になりますが、治療費も含め慰謝料等諸々がちゃんと請求できるということは、もうほぼ人身事故と変わらない保障が受けられる、という事です。

 

加害者にとって

加害者にとっては人身事故にするのと、物損事故にするのでは、罰則の関係で雲泥の差があります。

人によっては免停。人によっては免許取り消しにだって成り得ます。

罰金もありますでしょうし。

それならばそりゃあ物損事故にしてもらった方が良いに決まってます。

 

被害者にとって

被害者にとっては加害者に対して罰則を与えて欲しいという想いがあればもちろん人身事故にするべきですが、そんなのどうだっていいという方に関しては人身だろうが物損だろうが、自身の補償さえしてもらえるなら結構どうでもいいような気もします。

 

保険会社にとって

これはどうなんでしょうね。

予測の域を超えないので、後日識者の確認してみようと思う項目ですので、お楽しみに。

 

☆要確認事項☆

自身が大なり小なり怪我をしてるのに物損事故にしてくれと頼まれたからといって物損事故にする場合はこれだけは確認しといて下さい。

⚫慰謝料が出るか?

⚫自賠責保険を適用して補償を受けられるか?

⚫治療費・慰謝料だけではなく、休業損害や、交通費等も出るか?

 

このネタに関しては勉強中ですので、引き続きなにかありましたら書かせて頂きます。


[更新日時] ★ category : ★ author : お客さまの記事 (8022)

治療する場所は誰であろうと他人が決められるものではありません


交通事故の治療をするにあたって、保険会社の担当者や、整形外科の医師から、あーだこーだ言われるパターンが未だにある現実ですが、基本的に交通事故の治療に関しての選択肢は患者様にあるというのが絶対です。

どこで治療をするのか決めるのは患者様です。

色々と患者様からお話を聞く機会が多いですが、中々気持ちが良くなるお話はありません。

悲しい現実です。

うちはうちの治療に自信を持ってます。が、良い治療があって良いサービスがあって、患者様が笑顔になる事ができれば、うちでなくてもどこで治療してもいいと思ってます。

ただそうともいかないのが現実です。

大した治療もせず態度も対して良くないとか。

電気しかしないとか、大した話とかは少なく、うちの患者様からお話を聞く限り『えぇ!?そんだけ!?』っていう印象を持つことも多いです。

「整骨院で治療してもうちでは責任とか取れないから」とか言うDr.もいるとかいないとか。

いや、別にそっちに責任とかいかないからって話です。

と、愚痴っぽくなってしまいましたが、要は誰になんと言われようと、治療する場所を決めるのは患者様次第。

行った所が気に入らなければ、1日行ってそれっきりでもいいです。

良い所で治療すべきなので、自分が良くないと思えばスッパリ切るべきだというオハナシでした。


[更新日時] 2017年7月28日 ★ category : ★ author : お客さまの記事 (8022)






● お客様の最新記事

※最新の5件を表示しております。1時間ごとに更新しています。



運用状況

管理保守・改善業務 管理数
Webサーバ(BSD)管理 9
メールサーバ運用管理 35
ホームページ運用管理 51
PC環境保守管理 10
売上改善P管理 6

公式LINEページ

IT戦略の相談等、LINEを使ってお問合せすることができます。 また、重要な更新などのセキュリティ情報の発信を公式LINEページは予定しております。 ※どなたが登録しているか弊社にはわかりません

● スマフォからの方へ
友だち追加

● PCからの方へ


※推奨ブラウザ:Safari(M), GoogleChrome(W), InternetExplorer(W) 詳しくは推奨ブラウザのページをご確認ください

Copyright(C) 2009- LOKI DATA. All rights reserved.