BDレコーダーの冷却ファン交換。定期的な機器まわりのお掃除を!


こんにちは、太郎です。

今日は祭日(秋分の日)、冷たい雨の一日でしたね。

 

さて、最近はBDレコーダーの修理

「本体背面ファンが正しく動作していません」

のようなエラーメッセージが出て

本体の電源が切れるという症状が多いようです。

早々、点検作業開始!

やはり背面部分を見て見ると、ホコリが一杯ですね。

 

本体カバーを開け、冷却ファンを確認すると・・・

ホコリをたくさん吸っています。

 

冷却ファンが故障していました。

 

部品を注文、後日交換!

届いた部品(冷却ファン)と交換

 

内部もきれいにお掃除して無事修理完了!

 

定期的な機器まわりのお掃除を!

今やどの家電も本体内部の熱を逃がすために

冷却ファンが搭載されています。

 

でも、ここで考えてみてください!

本体内部の空気を出すということは

同時に外からの空気も入ってきますので

そこにホコリがたくさんあれば・・・

当然、吸い込むわけです。

 

一番分かりやすい例えだと、扇風機を使うと

羽と外カバーにほこりがたくさん付きますよね。

 

あの状態になります!

ですから、故障を防ぐためにも

定期的な機器まわり、特にファンまわりの

ホコリを掃除機などを使って吸ってあげて下さいね。

 


[更新日時] 2018年3月21日 ★ category : ★ author : お客さまの記事 (8279)







運用状況

管理保守・改善業務 管理数
Webサーバ(BSD)管理 9
メールサーバ運用管理 35
ホームページ運用管理 51
PC環境保守管理 10
売上改善P管理 6

公式LINEページ

IT戦略の相談等、LINEを使ってお問合せすることができます。 また、重要な更新などのセキュリティ情報の発信を公式LINEページは予定しております。 ※どなたが登録しているか弊社にはわかりません

● スマフォからの方へ
友だち追加

● PCからの方へ


※推奨ブラウザ:Safari(M), GoogleChrome(W), InternetExplorer(W) 詳しくは推奨ブラウザのページをご確認ください

Copyright(C) 2009- LOKI DATA. All rights reserved.