胃が悪い人はぎっくり腰にもなりやすい


本当です。

病院ではまず言われることはありませんが、東洋医学的な考え方で、胃の働きが悪くなると、筋肉の働きが悪くなります。

さらに、胃が悪いと、胃の周辺を縮めようとしますので、結果的に姿勢が丸くなります。

さらに、胃が悪いと、胃の真後ろの筋肉の緊張が強くなります。

さらに、胃が悪いと、ふくらはぎをつりやすくなります。

さらに、胃が悪いと、下半身全体のダルさが出やすいです。

両肘が痛いという人は胃が悪い方が多いです。

 

西洋医学と東洋医学

西洋医学的には説明がつきませんが、東洋医学的にはそうなんです。

西洋医学的にはぎっくり腰と胃の状態との因果関係なんて詳細不明ですが、東洋医学的には関係は大有りなので、絶対に無視できません。

東洋医学的に説明すると非常にわかりづらいので割愛しますが、そうなってるんです。

 

必要なこと

っということで、ぎっくり腰の治療は西洋医学的にも東洋医学的にも統括的に診なければなりません。

実際は西洋医学的・物理的な理論で攻めても大概が改善できますが、東洋医学的な理論の含めることで比較的治療効果も向上します。

当院は【根本的に解決する】【内から治す】という事を一番大事にしております。

ので、ぎっくり腰の治療は是非当院におまかせ下さい。

 


[更新日時] 2017年4月13日 ★ category : ★ author : お客さまの記事 (8279)







運用状況

管理保守・改善業務 管理数
Webサーバ(BSD)管理 9
メールサーバ運用管理 35
ホームページ運用管理 51
PC環境保守管理 10
売上改善P管理 6

公式LINEページ

IT戦略の相談等、LINEを使ってお問合せすることができます。 また、重要な更新などのセキュリティ情報の発信を公式LINEページは予定しております。 ※どなたが登録しているか弊社にはわかりません

● スマフォからの方へ
友だち追加

● PCからの方へ


※推奨ブラウザ:Safari(M), GoogleChrome(W), InternetExplorer(W) 詳しくは推奨ブラウザのページをご確認ください

Copyright(C) 2009- LOKI DATA. All rights reserved.