ビタミンCの働きって?


 

おはようございます。吉田です!(^^)!

 

ビタミンシリーズしばらく続きます。。。

今日はビタミンCについて簡単に書いていこうと思います。

 

ビタミンCは割と身近に感じる方が多いかもしれません。

働きとしては、体の中でコラーゲンを作るのに必要不可欠なものです。

コラーゲンとは、人間の真皮、軟骨、骨、靭帯、腱などを作るタンパク質のことです。

肌に弾力やハリ感を与えることも知られていますよね(*’▽’)

 

ビタミンCの働きとして、

・皮膚・粘膜の健康に関与

・様々なストレス(精神的なストレス、暑い・寒いなどの気候によるもの、

物理的ストレス)による抵抗力を高める働き

抗酸化作用

・鉄分の吸収を助ける

などがあります。

 

 

体にストレスがかかると、副腎という内分泌器官から

副腎皮質ホルモン(コルチゾールなど)を分泌します。

これはこのコルチゾールは抗ストレスホルモンで、ストレスを感じたら

全身の抵抗力を高める働きをします。

この抗ストレスホルモンを作り出すためには

ビタミンCやビタミンB1などが必要になり、

ストレスに対する抵抗力を維持する為に大切になります!!

 

抗酸化作用とは、

活性酸素による体の細胞の酸化を予防するという作用で

結果として動脈硬化症、心疾患などを防ぐということになります。

 

 

このビタミンCが不足すると

・壊血病

・鉄欠乏性貧血

・皮下出血しやすい

・歯茎が腫れたり出血しやすい

・肌の状態が良くない

などが起きます。

 

壊血病とは、各器官に出血性の障害をもたらすものです。

人の身体には900~1500mgのビタミンCが存在してますが

これが500mgを切ると以下の症状などが出ると言われています。

・傷の治りが遅くなる

・歯肉の出血

・歯が抜ける

・抵抗力が落ち感染症にかかりやすくなる

などです。

 

ただ、500mgを切るには3ヶ月~1年程の長期的に

ビタミンCの欠乏がある場合でないと起きないので

今ではほぼ見られません。

 

 

ビタミンCは果物や野菜に多く含まれます。

ピーマンやケール、キウイやレモン、

実に様々な果物・野菜に含まれます。

その中でも、アセロラが一番含有量が多いようです(@_@)

 

 

今日はビタミンCについて簡単に書いていきました。

以上、吉田でした(`・ω・´)

 

 


[更新日時] 2018年5月18日 ★ category : ★ author : お客さまの記事 (8279)







運用状況

管理保守・改善業務 管理数
Webサーバ(BSD)管理 9
メールサーバ運用管理 35
ホームページ運用管理 51
PC環境保守管理 10
売上改善P管理 6

公式LINEページ

IT戦略の相談等、LINEを使ってお問合せすることができます。 また、重要な更新などのセキュリティ情報の発信を公式LINEページは予定しております。 ※どなたが登録しているか弊社にはわかりません

● スマフォからの方へ
友だち追加

● PCからの方へ


※推奨ブラウザ:Safari(M), GoogleChrome(W), InternetExplorer(W) 詳しくは推奨ブラウザのページをご確認ください

Copyright(C) 2009- LOKI DATA. All rights reserved.